ピアノを廃棄する際の注意点と費用

ピアノを廃棄する際の注意点とかかる費用について。いつの間にか使わなくなったピアノ。また弾くトキが来るかもしれない...とそのままにしておいても結局ジャマになってしまいます。かといって維持するのにも調律などの費用がかかります。思い切ってピアノを処分しようと思ったら、ピアノの買取り相場や価格などを調べておきましょう。
MENU

ピアノ譲ります!にはどう対応すれば良い?

↓↓ピアノ買取の比較サイトにリンクしています↓↓

 

インターネットサイトの中には不要になった品物を誰かに譲ることができるというサービスがあります。中にはピアノを譲りますというユーザーもいたりしますし、しかもお金も掛からずに0円だったりするのです。

 

ピアノ譲りますというユーザーがいて、そしてピアノが欲しいと思っている時の対応についてですが、まずはしっかりと動作について確認をしておくようにしましょう。

 

ピアノを処分する為には費用が掛かってしまいますので、費用を掛ける位なら誰かにもらって欲しいという気持ちで出品していることがありますが、もしかしたら動作に問題を抱えている可能性があるのです。

 

要は厄介払いの為に誰かに譲りますとしていることがありますし、問題なく動作すると思ったら、実は壊れていたというトラブルになる可能性も否定できません。

 

ですから安易に譲り受けるのではなく、よく動作やコンディションについて確認するようにした方が良いと言えます。

 

 

ピアノ譲ります!の注意点

送料に関してもチェックしておくことが大事です。

 

ピアノのサイズによってはかなり送料が高くなる可能性がありますし、万単位のお金が掛かることも珍しくありません。送料に関して正確に把握しておかないと予想外に高額の費用が掛かって思わぬ出費に繋がることもあるのです。

 

その為、アバウトな金額ではなく、具体的にいくらの費用が掛かるのかを出品者とよく相談してみる必要がありますし、具体的に教えてもらうことができないようなら取引はしない方が無難と言えるでしょう。

 

そもそももらった方が良いのか、それとも買ってしまった方が良いのかをよく見極めるのもポイントです。

 

たとえ無料で譲ってくれる場合でも高い送料が掛かることがありますが、送料に支払う金額で新しいピアノを購入できることもあります。

 

譲ってもらえるとなるとお得な感じを受けるかもしれませんが、実は自分で新しく買った方が何かと都合が良いケースもありますので、本当にもらうのが正解なのか考えてみることが大切です。

 

 

【NEXT】
ピアノ買取を利用した方の口コミまとめ ⇒

 

このページの先頭へ