シンセサイザーの引越し費用と買取り費用

シンセサイザーの引越し費用、買取り費用について。いつの間にか使わなくなったピアノ。また弾くトキが来るかもしれない...とそのままにしておいても結局ジャマになってしまいます。かといって維持するのにも調律などの費用がかかります。思い切ってピアノを処分しようと思ったら、ピアノの買取り相場や価格などを調べておきましょう。
MENU

シンセサイザーの引越し費用、買取り費用

↓↓ピアノ買取の比較サイトにリンクしています↓↓

 

シンセサイザーを持っている人の引越しは大変です。

 

もちろん運送を気をつけてもらう事は出来ますが、大きいので梱包が困難です。ダンボールやエアパッキンなど梱包材の手配も必要ですし、これらの費用もバカになりません。

 

ハードケースを持っていれば梱包の心配はありませんが、ハードケースは高額です。引越しのために購入するに費用を捻出するのは大変でしょう。

 

鍵盤が割れたり、内部の機械部分が壊れたりの可能性もあります。「精密機器」であることを伝えた上で、丁寧に扱ってもらうことを伝えるのをくれぐれも忘れてはなりません。

 

そして運送保険の費用も確認しましょう。

 

ここまでしても大事なシンセサイザーが破損してしまうことはあります。そうなった場合、運送業者に修理の交渉をする必要があります。

 

シンセサイザーを持っている人の引越とはこのくらい大変なのです。

 

これを読んで引越したくなくなってしまった方もおられるかもしれません。

 

しかし引越しの期日は迫ってきています。

 

さて、シンセサイザーは年々安くなっています。数年前には手の届かなかったあこがれの機材もあっという間に手頃な価格になっています。

 

そこで買取も選択肢の一つにいれてみましょう。買取価格の見積りをまず何社か取ります。

 

今ではメーカー名、品番がわかればインターネットで簡単に買取価格がわかります。そして買いたいと思っているものの金額をインターネットで調べます。

 

買取価格と新しく買う価格の数字が折り合うようでしたら、引越しを機に買い換えをするのも良いでしょう。

 

その際、買取は出張買取を選ぶのがコツです。

 

売る際にもシンセサイザーの梱包は大変ですし、運搬にも気を遣います。

 

その点、出張買取は全部店側で手配してくれるので簡単で安心です。

 

新しい機材の購入は引越しした先で落ち着いてから新居のスペースに合う物を選びましょう。今までどうしようかな、買い替えようかどうしようか、と思っていた方にはちょうど良いきっかけになるかもしれません。

 

賢く買い替えて楽しいシンセサイザーライフを送ってください。

 

 

【NEXT】
ピアノ買取を利用した方の口コミまとめ ⇒

 

このページの先頭へ