スタインウェイアップライトピアノの引越し費用と買取り費用

スタンウェイ アップライトピアノの引越し費用、買取り費用 ついて。いつの間にか使わなくなったピアノ。また弾くトキが来るかもしれない...とそのままにしておいても結局ジャマになってしまいます。かといって維持するのにも調律などの費用がかかります。思い切ってピアノを処分しようと思ったら、ピアノの買取り相場や価格などを調べておきましょう。
MENU

スタンウェイ アップライトピアノの引越し費用、買取り費用

↓↓ピアノ買取の比較サイトにリンクしています↓↓

 

スタンウェイといえばピアノの最高峰として知られていますが、それだけに引越しなどの際、運送にかかる費用も一流です。

 

グランドピアノともなると運送会社の担当者も3名程度が派遣されますが、アップライトピアノでも2人がかりで行われます。

 

引越しの場合、引越し業者に依頼すると、ピアノも家具も同じ扱いとなります。

 

ピアノ運送業者に頼むとベテランの社員がピアノだけを運搬するために派遣されます。

 

このため費用面では引越し業者に頼んだ方が安く上がりますが、移転先の距離が長い場合は、やはり専門の業者に任せた方が安心です。

 

費用面では一般にはなかなかわかりにくいところですが、家の中や前に段差がある場合は、費用が高くなります。

 

特にピアノ専門の運送会社では、ひとつの段差についていくらと計算されます。それだけ、事故に注意を払っているわけです。

 

ピアノは大きく分けてグランドピアノと、アップライピアノに分けられます。

 

一般家庭で使われているのはアップライト型が主流です。アップライトも細かく分けるとスピネット、アップライト、コンソールに分けられますが、種類によって価格も変わってきます。

 

引越し先まで運ぶのが面倒だからと、アップライトピアノの場合はその場で買取を希望する家庭もたまにあります。

 

スタンウェイの場合は買取の場合でもかなりの高値で引き取ってくれます。

 

一般家庭でもアップライトピアノのスタンウェイを使っているところはかなりありますが、引越しを機会にスタンウェイを買取に出して、引越し先で国産のアップライトピアノに切り替えるという家庭もあります。

 

スタンウェイならアップライトでも、100万円以上で引き取ってくれるので、スタンウエイを売って、国産のアップライトに買い換えて引越し代を安く上げるという人もいます。

 

スタンウェイにもピンからキリまでありますが、ピアノ専門の運送業者の社員は何かにぶつけた衝撃で音が狂うのを防ぐために実に細かい神経を使います。

 

これだけ見てもピアノの移動は多少高くついても専門業者に任せたほうが安心という気になります。

 

 

【NEXT】
ピアノ買取を利用した方の口コミまとめ ⇒

 

このページの先頭へ